いい時間を作る (2016)

1981年に生まれ、TVっ子として育った私は、ビデオカメラと高性能なパソコンが自由に使える大学に入学し、映像の作り方を学び始めました。映像は時間を操る表現です。ショットとショットをつなぎ、新しい時間の流れを作る表現です。早回しにしたり、コマを落としたり、スローモーションにすることもあります。時間をループさせることもできますし、逆順で話を展開することもできます。

映像は時間を自由に操ることができます。そして、いい映画は時間の経過を忘れさせてくれます。しかし映画を見終わり、劇場を後にすれば、現実の時間が広がっています。夢のような時間は過ぎ去り、普段通りの生活が待っています。若かった私は、ここに映像の限界を感じました。そして映像がリーチしない時間に対して有効なメディア(表現媒体)を模索するようになりました。

当時、私は大学の近くに下宿していました。勉強やアルバイトに疲れて家に帰ると、決まって部屋の明かりを暗くして、パソコンから音楽を流し、お香を焚いてまったりしていました。そんな習慣が元になって、InSceneという情報家電ができました。その後、駅から徒歩10分のところに引っ越しました。マンションから駅までの移動時間が退屈だな。そんな折に、振るとチャンバラの音がするビニール傘・雨刀ができました。

これらの制作を通して、暮らしの時間に忍びこむメディア、すなわち「ガジェット」の創造法が、おぼろげながらも掴めるようになりました。これまでの理解を学位論文にまとめ終えると、今度は新しい切り口でガジェットを作ってみたくなりました。そこで2010年12月にシンガポールへと渡り、相転移的装置と称する玩具の制作を始めました。「一瞬」にして機能が変化するニンジャトラック。合体と変形の「過程」を楽しむキャタピー、スイッチングの「スピード」と「タイミング」で振舞いを変えるアシボ。これらはすべて水・氷・水蒸気の相転移現象に触発されて作ったガジェットです。しかし振り返ってみれば、その面白さは常に時間とともにあったのです。

それに気付くと、時間を持たないものに時間を与えたらどうなるだろう、という新たな興味が湧いてきました。そこで現在注力しているのが、逆転のロボットアニメという取り組みです。これまでに、踊る箱もじげんとすうじげん、というガジェットが完成しています。今後さらに増える予定です。

物理の法則に従うガジェットは、実際の時間を操ることはできません。ですが、いいガジェットがあれば、いい時間を過ごすことができます。興奮したり、安心したり、発見があったり、生きた時間を楽しむことができます。私は、そうした時間を作るガジェットを作りたいと思っています。

勝本 雄一朗

 

I'm making a good time. (2016)

I grew up as a TV child, so I entered a university which has a lot of digital video cameras and hi-spec PCs, and started to learn about video production. Movies are an expression of controlling time. We can make a new sequence by cutting a shot and another shot. We can speed up the sequence by time-lapse techniques, or we can stretch time by slow motion effects. We can also reverse and loop the story as we want.

Movies are an expression which can control time. And, a good movie makes time pass quickly. However, we always need to come back to the real world when we finish watching a movie. Dreamy time is over, then we have to recover a realistic sense of time. When I discovered this issue, I felt it was the limit of video expression. I therefore began to seek new media capable of reaching our life time.

At that time, I lived near the university. Being tired following a day at my part-time job, I often turned out my room's lights, burned incense and listened to music. Based on this lifestyle, InScene – a new type of communication tool – was created. After that, I moved to another room located a fifteen-minute walk from the train station. Then, I felt bored during the travel time between my apartment and the station. So, Amagatana, an umbrella which makes sounds of sword fighting, was created.

Through these creations, I came to understand how to create a gadget which is an expression media standing by our everyday life. I wrote all of my understandings in my PhD thesis. Then, I hoped to change the environment and produce gadgets with new concepts. Thus, I moved to Singapore in December 2010, and started to create a series of gadgets called Phase Transition-ish Apparatus (PTA). PTA001 Ninja Track is able to change its function in a "moment". PTA002 Catapy gives the fun of the "transition process" by its transformation and combination. PTA003 ASIBO can change its behaviors by the "speed" and "timing" of switching. These gadgets were created based on inspiration of phase transition phenomena such as water–ice–vapor. But the amusement of these gadgets are always related to "time".

When I noticed this fact, I became interested in giving time to an object which does not have a temporal variability. I therefore started the project called Robot Anime Reversal. Dancer-in-a-box and Mojigen & Sujigen were created based on this concept. I will add more gadgets to this series.

Since a gadget follows the laws of physics, it is not able to manipulate actual time. However, we can have a good time if we have a good gadget. We can be excited and delighted by gadgets. We can also discover, reflect and challenge our life with gadgets. I would like to create gadgets which make such a good time.

Yuichiro Katsumoto

 

HOME